ペット価格の高騰

蓼沼です。

コロナ禍以降、犬や猫のペット価格が上昇しているという話を聞いたことがあると思います。

私も今までは、単に在宅ワークの増加等によって自宅で過ごす人が増えたことによる需要拡大

によって、値段が上がっているという認識でした。

でも、どう考えても高くなりすぎという感じがするのです。

我が家にも10歳のトイプードル(♀)がいるのですが、子犬での10年前の購入価格は20万円前半でした。

ところが現在、同じ店での販売価格は50万円を軽く超えており高い子犬は70~80万円という金額です。

理由は、どうも需給バランスだけではなく、改正動物愛護管理法の施行が大きく関係しているようなのです。

動物の権利や命の保護に対する販売業者等への規制強化によって、動物も家族の一員として大事にされる

(尊重される)時代となったことに対する費用等負担増(証)ということでしょうか?

あらためて我が家の犬を見ると、おかしなもので今までと何だか見る目が変わったような気さえしますね。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

制服

次の記事

ツツジとサツキ