雇調金(雇用調整助成金)特例

蓼沼です。

企業の休業手当等を支え、結果として従業員の雇用維持を支える雇用調整助成金の特例が

期限の6月末で終了し、その為、雇用の維持が困難となり失業率が一気に高まるのではないか

と心配されていましたが、どうやらまたまた延長される方向になったようですね。

今まで、コロナ禍での延長を繰り返してきた為、財源不足が深刻化しています。

本来は、コロナが終息するまでの一時的な特例であったはずが、終息の長期化によって

想定を超える影響がありこちに目立ち始めています。

今後は、もう企業に雇われなくても生活して行ける力(自分で稼ぐ力)が必要な時代に

なることは間違いなさそうですね。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。