悲願成就

蓼沼です。

昨日、高校野球甲子園大会の決勝戦が行われました。

大会前に、仙台育英高校(宮城)と下関国際高校(山口)の決勝戦となることを

予想した人は極めて少なかったと思いますが、結果は仙台育英高校が優勝し、東北勢として

悲願の初優勝(優勝旗の白河越え)となりました。優勝おめでとうございます。

準優勝の下関国際高校も優勝候補の強敵を続けて破り、見事な内容で強く印象に残りました。

「悲願成就」、人は誰もが何らかの悲願を持ち、それを成就させたいという思いがあるはずです。

自分自身の悲願を持ち続け、決して諦めず、それを達成する為に日々努力を続けることの重要性を

再認識させて貰いました。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

次の記事

三浦半島