中国版リーマンショック

蓼沼です。

中国の某大手の不動産開発業者が近々、デフォルトするのではないかという

ニュースが流れています。

その規模から、もし、そうなれば中国版リーマンショックの発生などとも言われているようです。

すでに、信用不安を知った債権者が押しかけているようですね。

元々、中国の不動産はバブルで、いつかバブル崩壊すると言われておりましたが、

影響力のある大きな不動産会社が債務不履行を起こせば、その波及効果がどこまで及ぶのか

予想するのは困難です。

ほぼ中国だけの問題で、海外への影響は少ないという見解が多いのですが、果たしてそうでしょか。

日本の不動産市場、業界、不動産価格にも影響を及ぼすことになると私は思います。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

木の枝落とし